千葉県にあるオススメの公園 「ふなばしアンデルセン公園」の遊具や遊び場の感想!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは!さんなな、だ。

おすすめの公園紹介、第6弾!今回は千葉県船橋市にある、最近話題の「アンデルセン公園」 に行ってみた。確かに話題になるだけのことはあるかなという感じ。

有料なので長居をしなければ損であるし、特に夏はめちゃくちゃ楽しめるだろう。

ふなばしアンデルセン公園

見どころはたくさんあるが、多くの家族は子供たちが遊べる一定の場所に集中している。

みんなテントを張ってのゆっくりするので、テントは間違いなく必須である。夏は水着も絶対忘れないように!!

●おすすめのテント
DOPPELGANGER OUTDOOR 4-5人用 ワンタッチテント T5-31 紐を引くだけの15秒設営! ファミリーにおすすめ

巨大遊具、ロング滑り台は圧巻

アンデルセン公園のロボット型遊具

この巨大なロボットのアスレチックは、長い滑り台も搭載されており、子供たちは本当に楽しそうだった。

大・中・小の滑り台が搭載されており、その滑り台に到達する前に様々な仕掛けがあり、子供たちでごった返していたのだが、この遊具だけでも1時間以上は遊べるだろうというぐらい、楽しい!

一番長い滑り台はかなりの長さがあり、超すべりがよい!なので、スピードには注意してほしい。ただ、この長い滑り台には長蛇の列ができる!並びすぎ。長い滑り台を滑るのに10分ぐらい並ばないと滑られなかった。

アンデルセン公園のロング滑り台

アンデルセン公園の巨大遊具

滑り台に到達するまでの過程は、本当に見事と思える作りだ!本当に、楽しい!!色々な細かな仕掛けがあり、子供たちにとっては大喜びの巨大遊具である。

水遊びもできる

夏は水遊びもできる。水の綺麗さはいまいちというよりも、見方によっては汚いレベル。これは少し残念であった。

まあ、それでも子供たちにとっては最高の水遊び場であり、本当に多くの子供たちがここで楽しく遊んでいた。水の綺麗さは決して誉められたものではないが、子供たちにとってはさほど関係ないのだろう。

アンデルセン公園の水遊び場

巨大ボールのトランポリン

アンデルセン公園のゴムボールトランポリン

上記のようなゴムボールのトランポリンもある。靴を脱いで遊ばなければならないので、そこは注意を。

夏はこのボールが激熱で裸足では無理。2回目に行ったときは比較的涼しかったので、子供の数が半端なく遊べる状態ではなかった。

アンデルセン公園は本当に色々な仕掛け、遊具、見どころがあるので1日掛けて遊べる公園である。

その他の施設

アンデルセン公園は遊具や遊び場だけが見どころではない。巨大風車があったり、花畑があったり、パターゴルフがあったり、変形自転車があったり、小さな動物園的なものがあったり、1日掛けても周りきれない可能性が高い。

また、下記のような森の中にアスレチックゆうぐがたくさんあるので、子供たちはどこでも遊べるはずである。

アンデルセン公園のアスレチック

とにかく色々な遊び場があるので、子供たちが飽きることはまずないだろう。

食事・売店

食堂も売店も豊富にあるので、食べ物にも飲み物にも困ることはなさそうである。

注意点

とにかく公園に行きつくまでが、かなり渋滞する。とてつもない渋滞だ。そして、駐車場もかなり停められるのだが、ぱんぱんだ。

1車線のところも多いので仕方ないのだが、これを防ぐためには超が付くぐらい朝早く出発するしかないだろう。まあ1日中楽しめるので、朝早くいくことをオススメする。

また、夏は水遊びができるだが、水質はそんなに高くない。まあ、そんなこと気にせず、子供も大人もみんな楽しんでいた!!
後は家族連れの多さ。あまりに多すぎて、長い滑り台を滑るまでにピーク時は15分~20分ぐらいかかる。

まあ、この人の多さも魅力と言えば魅力かもしれない!!

まとめ

子供たちは間違いなく大満足するだろう。その代わり、大人はくたくたになる。まあ、子供たちの笑顔が最高級なので、何度でも行ってあげたくなる。

ただ、涼しい季節になってくると家族連れが更に多くなるのでで、どこの遊具も子供であふれかえっている。人気過ぎるのも大変である。

ただ、本当に遊びどころ満載なので、お子さんがいる家族は、是非一度は連れていってあげて欲しい。

公園詳細

公園名:ふなばしアンデルセン公園
住所:千葉県船橋市金堀町525番

アクセス:三咲駅からバス15分、船橋駅かたバス40分、北習志野駅からバス20分、小室駅からバス15分
駐車場:あり

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Twitter で

前の記事


次の記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*