サッカーのプロ審判になるにはどうすればいいか!?その方法!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!

本日はサッカーの審判を目指す方々に、プロ審判になるまでのプロセスを伝えたいと思う。自分もサッカー選手を本気で目指していた身。4級審判も持っている。

しかし、プロ審判をなめてはいけない。
高いハードルだ。一握りの選ばれし人間だけが、辿りつけるのだ。

本気でプロ審判を目指す人には、是非見てもらいたい。そして、私はそんな人を本気で応援したい。

審判資格について

日本には基本4つの審判資格があるようだ。階級により務めることができるカテゴリーが異なる。

4級審判員

都道府県のサッカー協会の下の団体・連盟などが主催する試合で主審を務めることができる。ちなみに私もこれを持っている。まあ、誰でも取れる免許である。

受験資格:満12歳以上で心身ともに、健康な者
受験費用:2,500円ぐらい(地域によって異なるかも)
登録費用:2,500円

講習を受けて、最後に筆記テストがあり、それで合格。筆記テストは追試もしてくれるので、原則講習さえ受ければ全員合格できるはず。試験内容も含め、とにかく簡単であるのだが、朝から夕方まで講習があり、かなり長い。

 

3級審判員

都道府県のサッカー協会主催の試合で主審を務めることができる。

受験資格:4級を取得しており、数十試合主審・副審を務めたことがある者(自己申告でOK)。満15歳以上で心身ともに、健康な者
受験費用:3,000円ぐらい(地域によって異なるかも)
登録費用:3,000円

競技規則の筆記テスト(60分)を受け、その後、体力テストへ。体力テストは150m走(50 秒)+50mウォーキング(60 秒)を時間内に走り切るインターバル走で、20 回以上走り続けるもの。2回の失敗で失格。これは普段から運動してないと、まず無理だと思われる。今のおれでは無理かもしれない、と思える内容だ。

筆記テストと体力テストを合格すれば、別日程で1試合の主審を行うテスト。通過すれば無事3級審判員となる。審判実技はほぼ通過するとのこと。3級の一番の難関は、体力テストだろう!?

 

2級審判員

地域のサッカー協会主催の試合で主審を務めることができる。

受験資格:3級を取得後2年以上で、一定の実績を積んだ者
受験費用:3,000円ぐらい(地域によって異なるかも)
登録費用:5,000円

競技規則の筆記テスト(60分)を受け、その後、体力テストへ。体力テストは150m走(50 秒)+50mウォーキング(60 秒)を時間内に走り切るインターバル走で、20 回以上走り続けるもの。2回の失敗で失格。更に40m走があるとのこと。40m(7秒)で6回走り切らなければならない。テスト中2回の失敗で失格。

筆記テストと体力テストを合格すれば、別日程で1試合の主審を行うテスト。通過すれば晴れて2級審判員となる。

※各都道府県サッカー協会の推薦が必要

 

1級審判員

Jリーグ、JFLで主審・副審を務めることができる。1級でようやく、プロレベルの試合でジャッジできるようになる。ここまで最低でも5年以上は掛かることは間違いない。

受験資格:2級を取得後2年以上で、実績のある34歳以下の者
受験費用:不明
登録費用:20,000円

競技規則の筆記テスト(60分)を受け、その後、体力テストへ。体力テストは150m走(50 秒)+50mウォーキング(60 秒)を時間内に走り切るインターバル走で、20 回以上走り続けるもの。2回の失敗で失格。更に40m走があるとのこと。40m(7秒)で6回走り切らなければならない。テスト中2回の失敗で失格。

※各地域サッカー協会の推薦が必要

1級審判員は相当難しいようだ。もしかしたらプロサッカー選手よりハードルが高いかも。2級審判員は日本に3,000人以上いるようだが、1級審判員は200人にも満たないらしい。

 

PR(プロフェッショナルレフリー)

1級審判の中でも選ばれし者がなれるポジションだ。日本には十数人しかいないようだ。FIFA国際主審・国際副審の位置づけとなり、ワールドカップで笛が吹けるのだ。

 

サッカー審判員の報酬について

PR:年俸 約2000~3000万
J1主審:約12万円(1試合)
J1副審:約6万円(1試合)
J2主審:約6万円(1試合)
J2副審:約3万円(1試合)
JFL主審:約2万円(1試合)
JFL副審:約1万円(1試合)

1級審判員でもしっかりと稼ぐにはきついかもしれないですね!ただ、1級審判員にならない限り、PRにはなれないので、まずはここを本気で目指さないといけないのだ。

狭き門であるサッカーの審判になれる人は一握り!!志高き人、是非がんばってください!!!!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Twitter で

前の記事


次の記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*