片頭痛を超える痛み!群発頭痛の体験談!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!!さんなな、だ!!

前回、前々回と片頭痛についてお伝えした。下記、その内容である。

片頭痛(偏頭痛)の体験談1

片頭痛(偏頭痛)の体験談2

そして今回、新たな頭痛の体験談をお伝えしたい。正直、次発症したらと思うと、マジで恐ろしい。まだ、人生の中で1回しかなっていない頭痛ではあるが、その威力たるや耐えられるレベルではないのだ。

その頭痛の名は「群発頭痛」!

今回は群発頭痛についてお伝えしたい。

群発頭痛の体験談

群発頭痛の発症割合

群発頭痛とは10万人124人、まあ1000人に1人の割合で発症する頭痛のようで、痛みについては耐えられる代物ではない。基本、片側の目の奥が半端なく痛くなる。まあ、「自殺頭痛」と別名で呼ばれているのもうなずける。

発症するのはほぼ男性。9:1で男性:女性のようだ。年齢は20代~40代に多く、自分は26歳の3月に発症した。酒やたばこは特によくないようで、自分は酒は飲まないが当時たばこを吸っていた。といっても原因は特定されておらず、何で群発頭痛が発症するか詳しくは分かっていないらしい。

群発頭痛の痛みと発症頻度

痛みの内容を説明すると、片側の目の奥をえぐられているような感じ。とにかく強烈。心筋梗塞、尿管結石と並び三大痛と呼ばれているらしい。

そしてこの痛みが1~2時間続く。しかも決まった時間に発症するのだ。それも毎日。

俺の場合は、1日2回。朝の11時と夜中の3時ぐらいだった。朝の方は意識があるので、まだ耐えられるレベルであったが、眠ってから痛みが出る夜中の3時の痛みはマジで無理。考えただけでも恐ろしい。

群発頭痛の痛みを和らげるには

そして痛みを和らげる方法でいくつか薬があるのだが、俺の場合全く効かず(ほとんどの人は効かないらしい)。ロキソニンなど話にならないし、イミグランも気持ち程度だ。

純度100%の酸素吸入も痛みを和らげる効果があるようだが、毎日でる痛みの度に病院に行くこともできず、耐えることしかできなかった。まあ、よく言われているのは痛みが激しすぎて、気絶して朝を迎える。自分もそんな感じだった。

群発頭痛の期間

これが俺の場合、29日間続いた。一般的に群発頭痛は1か月~2か月ぐらい続くとのこと。痛みが出なくなってからは、嘘のようになにもなくなったた。ただ、29日間は地獄。とにかく地獄の日々だった。寝るのが怖すぎた。でも眠いからいつのまにか寝て、痛みで起きる。これを29日間毎日続いたのだ。

群発頭痛の再発について

1年から2年おきに出るらしい。ただ自分の場合、26歳で発症してからこの10年、一度も発症していない。これは本当に有難い。今来たら、耐えられる自信が全くない。本当にそのぐらい痛い頭痛なのである。

 

まとめ

正直、この記事を書いているだけでぞくっとしてしまう。思い出したくもない体験だった。それでも群発頭痛の体験をお伝えすることで、何かしらの役に立つのではないかと思っている。

群発頭痛を体験すると、片頭痛がまだましに思えてくる。恐らく最強、最悪な頭痛であることは間違いない。何がきついって、毎日頭痛が起きること。そして、ほとんどの場合、防ぎようがないこと。更には1か月ぐらい続くことだ。毎日拷問を食らっている感じなので、そりゃあ、精神科に行く人が結構いるのも分かる。

日本人には12万人ぐらいいるようだが、まあ知り合いに発症している人間はいない。そんな頭痛を発症した俺は運が悪いのだが、生命に関わる頭痛ではないので運が良いのだろう。と思うことにしている。

とにかく生きている間に、もうなりたくない頭痛である。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Twitter で

前の記事


次の記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*