ラーメン「にんにくや」の感想と評価-新小金井駅、是政駅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!!さんなな、だ!!

本日は、激ウマ醤油ラーメンを紹介したいと思う。「にんにくや」だ。とにかく旨い。そして、ただの醤油ラーメンとはわけが違う。背脂系醤油ラーメンだ。食べたらびっくりするぐらい、病み付きになる醤油ラーメンである。個人的には超が付くぐらい好きなラーメン屋である。

店舗は意外にも複数あり、新小金井駅、京王堀之内駅、中央林間駅、小平駅、是政駅(ここは店名が暁)にある。

マジ旨いので是非、一度食べてほしい。

新小金井駅、是政駅にある「にんにくや」のレビュー

醤油ラーメン

とにかくここの醤油らーめんは絶品である。背脂チャッチャ系のラーメンなのだが、これまで食べたチャッチャ系とは全く違う味なのだが、この旨さたるや、別格である

ninnikuya1

あっさりであるが、こくがある。今までに味わったことのない醤油ラーメンである。なかなか、言葉では言い表せないラーメンなのだ。醤油と言っても黒っぽい醤油ラーメンではなく、透明なのだ。私の知人の多くも、にんにくやのラーメンを絶賛している。間違いなく隠れた名店と言えるだろう!!

麺は細麺ストレートで、基本替え玉スタイルだ。チャーシューの旨さは絶品である。更に、途中でにんにくを絞って入れることで、味が劇的に変化する。にんにく好きは是非、試してほしいと思う。

味噌ラーメンもあるのだが、正直、断然醤油をオススメする。もちろん好みではあるが、間違いなく醤油のほうが旨いと思う。

にんにくやを並ばず食べられるお薦めの時間帯

基本、どこの店舗も19:00~夜中の営業なのだが、そこまで並ばずに食べられる可能性は高い。ただ、京王堀之内だけは大学生も多く大人気で、夜10時以降ですら大抵1時間近く並んでいたことを覚えている。お薦めは、開店直後だろう。

「にんにくや」の総称・まとめ

王道の醤油ラーメン的な感じではなく、背脂系の醤油ラーメンであるのが「にんにくや」ではあるのだが、想像している背脂系のラーメンとは一線を画する。恐らくこの味は、どことも似ていない唯一無二の背脂系醤油ラーメンである。澄みきったスープの味は、マジで格別であり、本当に旨い。

隠れ名店という感じで、場所が場所だけに地元の人しか知らない感じである。これは自分にとっては助かる。正直騙されたと思っていってほしい。1回目より、2回目、行くたびに虜になっていくので、何度か足を運んでほしい。

食べ方は、まずニンニクを入れず食べ、替え玉でニンニク投入だ!先ほども伝えたが、一気に味が変化する。この変化が楽しめるのが「にんにくや」の魅力でもある。是非是非、行ってほしいラーメン屋である。

さんなな評価(満点は★5つ)
にんにくや ★★★★★

店舗情報・アクセス

■小金井店

中央線東小金井駅南口を出て、セブンイレブンを右手にし、400mぐらい直進。「東小金井駅入り口」の信号を右折。そのまま直進して150mで右手に「にんにくや」がある。

住所:東京都小金井市東町4-34-5

最寄駅:中央線 東小金井駅徒歩6分 西武鉄道多摩川線 新小金井駅徒歩10分
営業時間:19:00~03:00
定休日:日曜・祝日

■中央林間店

各線中央林間駅西口を出て、徒歩1分のところに「にんにくや」がある。

住所:神奈川県大和市中央林間3-5-2

最寄駅:東急田園都市線、小田急江ノ島線中央林間駅 徒歩3分
営業時間:19:00~03:00
定休日:日曜・祝日

■一橋学園店

小平駅南口を出て、交差点「小平駅南口」を南に進む。ひたすらまっすぐ進むと1km先左手に「にんにくや」がある。

住所:東京都小平市学園東町436‐1

最寄駅:西武新宿線小平駅 徒歩15分、西武国分寺線一橋学園駅 徒歩15分
営業時間:19:00~03:00
定休日:日曜・祝日

■京王堀之内店

京王相模原線の京王堀之内駅を出て、右に進む。道なりに進むみ2個目の大きな交差点を渡り、右に進む。更に直進して左手に「にんにくや」がある。

住所:東京都八王子市堀之内3-6-10

最寄駅:京王線京王堀之内駅 徒歩10分
営業時間:19:00~03:00
定休日:日曜・祝日

■是政店(ここだけ店名は暁)

西武多摩川線の是政駅を出て、北に直進。70mぐらいのところ、右手に「暁(あかつき)」がある。

住所:東京都府中市是政5-4-34

最寄駅:西武多摩川線是政駅 徒歩1分、JR南武線南多摩駅 徒歩10分
営業時間:19:00~02:00
定休日:日曜・祝日

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Twitter で

前の記事


次の記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*