ダイエットで体験する停滞期とその乗り越え方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


teitaiki
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!ラーメン食べながらダイエット、ボディメイクをしている、さんななだ!ダイエットの最中、良い感じで落ちていた体重が、いつの日か落ちなくなってしまった現象を体験した方も多数いるのではないだろうか!?

停滞期!ダイエットにはつきものではあるが、なぜ停滞期なるものがあるのか、またその乗り越え方について、お伝えしていきたいと思います。是非、参考にしてください。

ダイエット期間中の停滞期とその乗り越え方

ダイエットを行っていれば必ずと言っていいほど体験することになる停滞期。要は体重が落ちない日々が続くのだ。だが、逆を言えばこれは良い兆候である。何故なら、それまでは順調に体重が落ちているはずだからである。

ここで辞めたらすべてが水の泡!しかし、「何故、停滞期が訪れるのか!?」を理解しておけば、停滞期で悩むことはない!まずはダイエットにおける停滞期のメカニズムを理解するところから始めよう

ダイエット期間中の停滞期の理由

ダイエット期間中、これまでにないペースで体重が落ちていく。そうすると人間の体は、危険だと判断し、体重を落とさないようにするのだ。これを「ホメオスタシス機能」と言うのだが、大した機能である。

ホメオスタシス機能は、食べ物を摂取する際には吸収率を高め、カロリーを消費する際には極力少なく済むように調整される。ダイエットターにとっては何とも最悪の機能ではあるが、受け入れるしかないのだ。

人にもよるが、この期間は2週間~1か月続くと考えた方が良い。その際も体重が全く落ちないということはないので、辛抱強くダイエットを続けてみよう。そうすると、行って期間でホメオスタシス機能は解除される。そうすると、また体重減のペースは戻ってくるはずだ。

下記、自分のダイエット体験記だが、ピタッと体重が減らない時期が出てくる。暇な時にでも、参考に見て頂きたい!

2か月で10kg痩せる体験談
2か月で11kgダイエット

停滞期が起こる時期

停滞期が起こる時期として目安は、自身の体重の5%が減少した時である。60kgの人であれば、3kgが減ったあたり50kgの人であれば、2.5kg減ったあたりから停滞期が来ると予想できる。

停滞期の乗り越え方について

正直、多くの人が停滞期には悩まされるはずだ。だが、停滞期は必ず終息し、通常通りのペースで体重が落ちる時が来るので、それまで辛抱するしかない。とにかく、諦めずダイエットを続けていくことが大事だ。

停滞期が来ると分かっていても、実際に停滞期が来ると結構きつい。最終、気合と根性と言いたいところだが、それも酷だ。

例えばだが、食事制限だけでダイエットしている人は、この期間にウォーキングぐらいの軽い運動を取り入れてみるのも良いだろう。逆にストレス発散のために、カロリーオーバーしない程度にがっつり食べるのも一つの方法だ。

何とか自分なりに、停滞期を楽しめる方法を見つけてみて頂きたい!

停滞期を最小限にする方法

停滞期を最小限に食い止める、このような発想の転換も良いだろう。

ハイペースで体重を落としていくと、ホメオスタシス機能の働きが活発化する。逆に、無理ない範囲(1か月に1kgペースぐらい)で体重を減らしていくことで、ホメオスタシス機能を最小限に抑えることが出来るのだ。

そのため、中長期でダイエットを実践していった方が、結果的にしっかりと体重を落とせる人が多いのも納得だ。停滞期を作らない、そんなダイエットのほうが間違いなくストレスが掛からないはずだ。

停滞期中は敢えて体重を計らない

ダイエットにおいて体重計測は欠かせないものである。しかし、停滞期だけは細目に体重を計らないのも手である。どうせ落ちないのであれば、ちょっとの間体重を落とすことから意識をずらしてみるのも良いだろう。

体重計に乗らないことで、日々体重が落ちないストレスから自身を解放するのも停滞期を乗り越えるコツであるかもしれない。

まとめ

いかがだったでしょうか!停滞期がなぜ起こるのか!?また、ダイエットをする多くの人に起こり得る、ことが分かったはずである。

あらかじめ停滞期が来ることを理解しておけば、「停滞期は体重が落ちないものだ」、とそこまで戸惑うことも、ストレスに感じることもないかもしれない。とにかく停滞期を理解しておくことは大事である。

そして、停滞期を乗り越えない限り、ダイエット成功の道は開けない。楽して痩せるなんてできないのだから、これも痩せるための試練と思い、痩せている自分を想像して停滞期を乗り越えて貰えればと思っている。

ダイエット期間中の停滞期は必ず終わりが来る。諦めてしまっては全ての努力が無駄になってしまう。だからこそ、1か月ぐらいは辛抱し、絶対にこの停滞期を乗り越え、皆さんのダイエットが成功させられることを願っている。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Twitter で

前の記事


次の記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*