ラーメン「ぼり・うむ」の感想と評価-東新宿、西早稲田駅 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!!さんなな、だ!!

今回は東新宿駅、西早稲田駅の間ぐらいに位置する「ぼり・うむ」を紹介したい。ここは今やなき「竈」の店主が営むお店のようで、名前の通りボリューミーなラーメンのようだ。

もうかなり前から気になっていたのだが、足を運ぶ気合がなく延ばし延ばしとなっていたが、ようやく行ってみたので報告したい。

東新宿、西早稲田駅にある「ぼり・うむ 」のレビュー

くんたまチャーシューめん醤油味

13時20分ごろに到着。店内には先客4名。自分の直後に、1名、3名の団体が入店。なかなかに人気なのかな!?

食券スタイルで、ラーメン、つけ麺、油そば、鶏そばとかなりのメニューが。まあ、一番人気はラーメンとのことなので、ラーメンをチョイス。

固めで注文すると、醤油、味噌、塩のどれにするかを効かれたので、醤油とコール。更に大盛りにできますが、とのことで大盛りに。

更にトッピング一つサービスとのことで、5つのトッピングから魔法の鶏そぼろチョイス。更に更に野菜増しができますがとのことで、お願いします、と回答。

注文までにどれだけ選ばなあかんねん、と軽く突っ込みを入れたくなったが、接客は極めて丁寧で客としては嬉しい限りだ。

待つこと5分程度で着丼!

東新宿駅にある「ぼり・うむ」のラーメン

なんだこの見た目は!チャーシューは焼かれた豚肉だ。しかし、全然悪くない。ぼりうむの名の通り、がっつり系のラーメンと言うことである。まあ、それでも二郎には勝てないのだが…

さあ、いざ実食だ。

まずはスープ。う、う~ん。なんだ、この味は。よく分からない。全然不味くはない。しかし、旨くはない。うーん、どう説明しようか考えるために、何度かじっくりスープをすすったのだが、分からない。何系と説明すればよいか、さっぱりわからない。

次は麺だ。つるつるの中太麺。自分が一番嫌いな目の種類。ちきしょー、ここでこの麺はなしだろう。と思ってチャーシューを口にすると、うん、旨い!韓国の豚焼肉みたいな味。

全然悪くない。くんたまも竈時代に人気だったのものと変わりはない。旨い。

がしかし、麺とスープはよく分からない。まずくはない。全然食べれる。でも旨くもない。ただ、箸は止まらない。ということで、まあまあのラーメンということにしよう!

「ぼり・うむ」を並ばず食べられるお薦めの時間帯

もう昼、夜と50回ぐらい通っているが、並んでいたことは一度もなかった。まあ、店の中でも待てるのでもしかしたら、店内待ちが発生しているかもしれない。

人気がなさそうで、そうでもない。そんな感じなので、もしかしたら並ぶことが稀にあるかもしれない。

「ぼり・うむ」の総称・まとめ

普通ではないラーメンだ。これまでに食べたことのないラーメン。旨い、不味いの域を超え、もはやよく分からないラーメンであった。まあ、完食できたということで、不味いラーメンではないのだろう。

接客は非常に良く、客に対する感謝の気持ちをすごく感じることが出来た。本当に素晴らしい!

量的には大盛りの上に二つぐらいのグレードがあったので、がっつりいきたい人にとっては良いラーメン屋かもしれない。まあ、一度行ってみるのはありだろう!?

さんなな評価(満点は★5つ ☆は0.5)
ぼり・うむ ★★☆

住所:東京都新宿区大久保2-2-15 GSハイム大久保 1F

最寄駅:副都心線 東新宿駅徒歩5分 西早稲田駅徒歩5分
営業時間:
平日11:30~15:30/18:00~22:00
土曜11:30~13:00
日祝11:30~15:30
定休日:年中無休

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Twitter で

前の記事


次の記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*